PATTOリクシル マド本舗

店舗を探す

風通しが悪い

「部屋の空気が淀んでいる」と感じたことはありませんか?

部屋がジメジメして、結露やカビが発生したり、ニオイがこもったりしていませんか? 室内の空気を正常に保つことは、健康管理の面からも重要です。換気扇や空調機器を活用するのも有効ですが、自然の風を上手に取り込むことが、何より重要なポイントです。

風通しが悪い部屋の写真

なぜ、風通しが良くないの?

換気した部屋の様子

あなたは、「窓を開ければ換気ができる」と思っていませんか? いくら大きな窓があっても、出口がなければ風は通りません。新鮮な空気をたっぷり取り込むためには、汚れた空気を排出する出口を確保することが大切なのです。

どうしたら、改善できるの?

(1)網戸を掃除する

網目にホコリが詰まっている場合は、掃除機で吸い取ります。穴が開いている場合は張り替えましょう。網の目を粗くすると風通しは良くなりますが、虫が侵入しやすくなりますので注意して選びましょう。

(2)扇風機などサーキュレーターを利用する

床置き扇風機や天井扇風機、サーキュレーターなど、空気を循環させる機械を利用すると、涼しい風が室内を循環します。

(3)窓の外に植木を置く

風向きを考慮しながら、窓外に中木の植木を置くことで、風を迎え入れることができます。

窓の外に植木を置いたイラスト TORI・KAERUのイメージ画像

根本的に解決するなら!

風向きが良くない場合は、「風を呼び込むタイプの窓」に交換。窓が1つしかなく出口が無い場合は「風の出入口のある窓」に交換することをおすすめします。閉めたままで換気できる「換気口つきシャッター」もおすすめです。

イメージ画像 採風タイプの窓へ交換 縦すべり出し窓TFTタイプ 換気口つきシャッター

おすすめの商品