PATTOリクシル マド本舗

店舗を探す

防犯が気になる

「2階、3階だから安全」ではない!

「近所で空き巣事件が発生した」などと聞くと「わが家の防犯は大丈夫?」と不安になりますよね。実は1階の窓や玄関まわりだけでなく、トイレや浴室など高い位置にある窓も狙われがち。2階や3階でも、雨どいや配管を伝って登ったり、電柱や樹木、ガレージなどを足場にして乗り移る場合があるそうです。

ひび割れ穴が空いた窓

窓の防犯対策は不可欠!

下のグラフを見てください。泥棒の侵入手段で最も多かったのは「無締まり」、次いで「ガラス破り」でした。さらに侵入口別で見ると、一戸建て住宅の場合「窓からの侵入」が約6割を占めています。侵入を防ぐには、窓への防犯対策が不可欠なのです。

図 侵入窃盗の侵入手段(戸建住宅) 侵入窃盗の侵入口(戸建住宅)

どうしたら、改善できるの?

(1)補助鍵の設置

補助鍵は、有効な防犯対策です。補助鍵のついている窓の場合、2か所に穴を開けなければならないため、空き巣にとって2倍の手間と時間がかかります。

(2)防犯フィルムを貼る

空き巣は、一般的な窓ガラスは数秒で割ることが可能です。しかし、防犯フィルムが貼られている場合、窓から手が入る大きさの穴を短時間で開けることが難しくなるため、有効な手段といえます。

(3)防犯ブザー、人感センサー付きライトの設置

防犯ブザーで警報音を発したり、スポットライトを光らせることで、侵入者を追い払う効果があるといわれています。しかし、誤動作が起こる場合もあるので注意が必要です。

TORI・KAERUのイメージ画像

根本的に解決するなら!

犯罪を減らすには、抑止力を高めることが大切です。「シャッターを取付ける」「面格子を取り付ける」「内窓を取りつけて2重にする」など、侵入者が目で見てすぐに分かる対策が、効果を発揮します。

おすすめの商品