PATTOリクシル マド本舗

店舗を探す

知って得する
窓・ドアの基本知識
窓工事(窓交換)

ご存知ですか?リフォーム専用の「カバー工法」

窓の交換は、従来は内外装のリフォーム時に行われていました。なぜなら、外壁や内装の一部を壊す必要があったためです。しかし、最新の「カバー工法」なら、既存の窓枠を残したまま、その内側に新しいサッシを取付けることが可能です。そのため、「窓1か所」だけの施工も可能となりました。カバー工法は、下表で示すように施工上のメリットが多いため、現在では最も一般的な工法となっています。

窓のカバー工法とは
イメージ画像 窓のカバー工法とは
既存の窓枠はそのまま残し、その内側に新しい窓を取付ける工法です。
従来工法とは
イメージ画像 従来工法とは
既存の窓を解体・撤去し、新しい一般窓に取替える工事のことです。窓を撤去する場合、外壁や内壁を傷め補修など大掛かりな工事が必要です。

1分でわかる簡単説明動画はこちら

「カバー工法」と「従来工法」その違いを徹底比較!

  カバー工法 従来工法
施工時間 約半日で施工が完了する。 施工に時間がかかる。(3~5日)
工事費用 既存の窓枠を壊さないため、
簡単に取付けでき、施工費用が安い。
外壁や内装の補修など大がかりな
工事が必要となり、施工費用がかかる。
工事環境 工事音や廃材の発生が少ない。 壁を壊すため、工事音が大きい。
廃材が多く発生する。
仕上がり 仕上がりが美しい。 外壁の修理跡が目立つ。

窓のカバー工法のデメリットは?

・既存の枠に新しい枠を被せるため、開口部が少し小さくなります。
・既存の窓枠を利用するため、室内側の見た目がすっきりしない場合も。
・既存の雨戸がある場合や出窓など窓の形態によって、施工できない場合があります。

カバー工法の施工方法は?

仕 組 み
既存の窓枠と壁は壊さずそのまま
現 場 調 査
既存の窓枠と壁は壊さずそのまま
採寸作業も、既存サッシ枠で同一位置の内々寸法(幅と高さ)を測るだけ。
施 工
室内側から新しいサッシを取付け
高性能を実現するため、高い技術を備えた「窓専門店」が施工します。

正確な採寸と確実な施工を短時間で実施

窓の開き方を「変えたい」と思っている方は

実は窓にはこんなに種類があります。今の窓から部屋の機能や生活のシーンにあわせた窓をカバー工法で変更できます。

  • 引違い窓のイメージ画像
    引違い窓
  • FIX+開閉窓のイメージ画像
    FIX+開閉窓
  • 縦すべり出し窓のイメージ画像
    縦すべり出し窓
  • 横すべり出し窓のイメージ画像
    横すべり出し窓
  • ルーバー窓IFのイメージ画像
    ルーバー窓IF
  • 上げ下げ窓のイメージ画像
    上げ下げ窓

開閉方法を変更して、より使いやすい窓へ

Before After
上げ下げ窓の施工イメージ図

おすすめの商品