PATTOリクシル マド本舗

店舗を探す

データで見る健康リスク3
コレステロール

断熱性の低い住まいでは、
コレステロール値が高くなる

コレステロールとは、血中に含まれる脂質の一つですが、数値が基準より高くても低くても疾病の原因となりえます。
室温の高いあたたかい住まいと、室温の低い寒い住まいで年齢、性別、世帯所得、生活習慣を調整した上で検証した結果、寒い住まいでは総コレステロール値、LDLコレステロール値※1がそれぞれ基準より高くなることがわかりました。
LDLコレステロールが高いことに加えて、高血圧、喫煙、糖尿病、慢性腎臓病、などがあると、より動脈硬化になりやすくなります。

イメージ画像 男性のイラスト

健診データにおける血中脂質の基準範囲

健診項目 基準範囲 基準範囲外の時に疑われる疾病
血中
脂質
総コレステロール 130~219mg/dL (高い場合)動脈硬化、脂質代謝異常、家族性高脂血症
中性脂肪 35~149mg/dL (高い場合)動脈硬化
HDL(善玉)コレステロール 40~80mg/dL (低い場合)脂質代謝異常、動脈硬化
LDL(悪玉)コレステロール 60~139mg/dL (高い場合)動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞

健診結果が基準範囲を超えるオッズ比※2,3(温暖住宅群を基準とした場合)

調整オッズ比
  1. ※1高血圧の状態が血管壁を傷付け、その傷にコレステロールが沈着して動脈硬化が促進されることが知られている。得られつつある知見の中で、寒冷な温度環境が高血圧を引き起こすと示されたため、それに伴い寒冷住宅群でコレステロール値が高くなったと想定される。
  2. ※2オッズ比は、ある事象の起こりやすさを2つの群で比較して示す統計学的な尺度。また、調整オッズ比は、他の説明変数の影響を取り除いたオッズ比。
  3. ※3年齢, 性別,BMI,降圧剤,世帯所得,塩分得点,野菜摂取,運動,喫煙,飲酒,ピッツバーグ睡眠調査票得点(睡眠に関する得点)で調整
  4. ※4英国保健省の最低室温推奨値の18℃を参考として、それを境に1日で最も室温が低下する朝5時の室温に基づき2群に分類

出典:一般社団法人日本サステナブル建築協会 断熱改修等による居住者の健康への影響調査 中間報告(第3回) 資料より

コレステロール値が基準値に比べ高い数値に