PATTOリクシル マド本舗

店舗を探す

最近の台風や大雨の
住まいへの影響が心配

最近の台風や大雨の住まいへの影響が心配

日本は秋になると台風が多くなるなど自然災害は昔からありましたが、近年異常気象の影響か、大雨や強風、大型の台風なの自然災害で大きな被害をもたらすものが少なくありません。住まいの中で最も台風の影響を受けやすいのが窓。シャッターや雨戸が付いていない窓は、強風で木の枝や屋根瓦、屋外にある物が飛んできた時にガラスに当たって割れてしまったりするため大変危険です。風速20m/s以上になると物が飛び始める危険がありますので、台風の時だけでなく強風の時にも天気予報やニュースをチェックするようにしましょう。

風の強さと吹き方の目安

室外の物が風で飛ばされ窓ガラスを割ってしまう危険性

室外には、普段何気なく置いているバケツや掃除道具、植木鉢など様々なものがあります。台風や強風がきそうな時は、風で飛ばされてしまいそうなものをあらかじめ室内に取り込んでおくことが大切です。自分の家の庭にあるものが風で飛ばされ、ご自身の住まいだけでなく、お隣の窓ガラスを割ってしまう…なんて事故も起こりかねませんので注意しましょう。

窓が割れないよう台風や強風に備えるシャッターや雨戸がおすすめ

窓が割れないよう台風や強風に備えるシャッターや雨戸がおすすめ

近年、一戸建てでもシャッターや雨戸のない住まいはありますが、シャッターや雨戸は後付けすることが可能です。台風が多い地域、風の強い高台や沿岸部では、水密性能と耐風圧性能を高めたサッシがおすすめ。窓の下枠などからの水の浸入を防ぎます。強風時には瓦などが飛んでくることもあるので、雨戸やシャッターをつけておくと安心です。耐風シャッターなら大型台風にも対応しています。またリモコンで自動開閉できるシャッターは、特に風や雨の強い日、窓ガラスを開けずに開閉ができますので、雨に濡れる心配や手が汚れることもなく人気が高まっています。

製品を選ぶ時に耐風圧性をチェックしましょう

耐風圧性とは、台風などの強風によってサッシやドアが変形したり、ガラスが割れたり、また障子が脱落することがないように、サッシやドアがどれくらいの風圧に耐えられるかを表しています。耐風圧性はJIS基準(JIS A 4706-2000(サッシ))により定められている等級で表し、S-1、S-2、S-3…の順に耐風圧性が高くなっていきます。一般的に、住宅の場合、1階の窓でS-1、2階の窓でS-2、3階の窓でS-3の等級が必要とされています。S-1等級とは、最高圧力80kgf/m2(風速36m/s程度)、S-2で最高圧力120kgf/m2(風速44m/s程度)、S-3(で最高圧力160kgf/m2(風速50m/s程度)の風圧に対し、変形してもその変形量は基準以下で、サッシに変形が残ったり、破損したりすることのない性能を言います。

耐風圧性の等級

おすすめのシャッターと雨戸

風の強い地域や、影響を受けやすい立地によって、住まいにあった耐風対策をしておきましょう。

耐風アルミ窓シャッターのイメージ写真

台風や強風に備える
タフな耐風アルミ窓シャッター

重厚なアルミスラットとスラットを吹き飛びにくくした「防犯耐風フック」で、住宅用シャッターとして最高ランクの強度を誇る「クワトロ」。オールアルミで台風地域や沿岸地域など、風の強い地域に最適です。特に自動タイプは、雨が降り始めていても濡れずに開閉ができて大変便利です。(※耐風圧性能1200Pa)

可動ルーバー雨戸のイメージ写真

古くなった雨戸や
雨戸のない窓にも後付けできます

古くなった雨戸も、採風、採光、断熱機能など多彩な機能から選べます。

まとめ

台風や大雨、強風など、自然災害は突然やってくるものです。日頃から備えていざという時に困らないよう住まいにあった対策をしましょう。

手軽に解決!オススメリフォームのご紹介