PATTOリクシル マド本舗

店舗を探す

電車や車、ペットの鳴き声
日常にあふれる騒音は
いつの間にかストレスに

写真

日常的に、室外からする車や電車の音、ペットの鳴き声などをうるさいと感じることはないでしょうか?気になりつつも、テレビのボリュームをあげれば我慢できる…当たり前に感じて気にもしていないかもしれません。しかし、そんな音も気がつかないうちに少しずつストレスになっています。
音は、音源から発した振動が空気などに振動(波)となって伝わります。音には、強弱(大きさ)を表わすデシベル(dB)と、音の高低(周波数)を示すヘルツ(Hz)という2つの単位があります。
騒音は、さまざまな音の中で「聞きたくない不快な音」、「邪魔な音」のことをいいます。音は窓や床、壁などから伝わりますが、窓やサッシの隙間から進入しやすいため、窓の防音対策はとても重要です。
音は室外から入るものだけではなく、室内から出る音も気になるものです。ご近所にペットの鳴き声や子供達の声が迷惑になっていないか…なんて心配されている方にも、防音はとても大切です。

イメージ画像 音の出入りするイメージ

身近な音のレベルを知っておきましょう

音の騒音をレベルに分けると不快に感じる車のクラクションや、新幹線の通り過ぎる音、交通量の多い道路の音は、60Bb以上。日常生活で「静かだ」と感じるのは45dB以下です。そのため、だいたい40~60dB未満が好ましいレベルであると言われています。

イメージ画像 音の騒音のレベル 60db以上はうるさく感じる

窓の気密性が高まると防音効果がアップします

ガラスは振動しにくいものほど向こう側に音を伝えにくくなります。窓を2重窓にすると、既存の窓と内窓の間に空気の層が生まれ、音が伝わりにくくなります。
また、さらに防音効果を高めるためには、ガラス選びもポイントです。ガラスの厚さを変えることで、より音を伝わりにくくすることができます。

イメージ画像 今ある窓 空気層 2重窓(インプラス)

インプラスのガラス選び

インプラスとの組み合わせでより高い効果を発揮します。

表 外窓+インプラス ガラス種類 一般複層ガラス 単板ガラス 防音 高性能 外窓のみ ガラス種類 単板ガラス 防音 低性能

まとめ

騒音をそのままにしておくと、知らない間に人体にストレスとなって影響を及ぼします。普段どのくらいの音を感じているか見直し、騒音を我慢しないで、簡単に取付けられる内窓にするなど、試してみてはいかがでしょうか。

手軽に解決!オススメリフォームのご紹介