PATTOリクシル マド本舗

店舗を探す

室内でも起こる熱中症の危険性

「異常気象」で「猛暑・酷暑」が日本列島を襲っています

総務省消防庁によると、2018年6月~9月までの熱中症による救急搬送者数は約92,600人と、2010年以降で最も多くなりました。
真夏日や熱帯夜となる日数は、ここ数年で増えてきています。都市部では、コンクリートの建物などに熱がたまり、夜になっても気温がさがりにくい「ヒートアイランド現象」が起きやすく、昼間だけでなく夜も注意が必要です。

屋外だけでなく、室内にいても熱中症の危険があります

熱中症とは、高温多湿の環境で、体内の水分や電解質などのバランスがくずすことにより、体温をコントロールできずに気分が悪くなったり、めまい・頭痛・吐き気などの症状がでたりすることを言います。熱中症は屋外で起きると思いがちですが、実は乳幼児(0~5歳)、高齢者(65歳以上)の方が自宅(室内)で熱中症を起こしています。

図 熱中症の発生場所 熱中症の約4割は、室内で起きています! 室内で熱中症が発生した年齢別割合 0-5歳40.3% 65歳以上55.6% こんな時は要注意。なりやすい環境は? 気温が高く、湿度が高い時 日差しが強い時 急に暑くなった時 暑いのに風がない時

熱中症は、屋外やスポーツをしている時だけではなく、室内にいる時も油断しないことが大切です。

室内の熱中症の対策をしてみましょう

夏場、室内に入ってくる熱の約7割は窓から入ってきます。カーテンやブラインドだけでは室内まで熱が入ってきて、そのままこもってしまうため、夏の日差し対策は、窓の外側でしっかり日差しをカットし、きちんと換気ができるよう風通しをよくすることが大切です。

日差しが暑いなら… 日差しをカットして室温の上昇を抑えましょう! 外付けのシェードやオーニングで日差しをカットすれば、室温の上昇を抑えられます! 空気がこもって部屋が暑いなら… 風の出入り口をつくって風通しをよくしましょう! 採風タイプの玄関ドアや玄関網戸を取付ければ、家中に心地よい風を採り込めます!

あなたの住まいは大丈夫?セルフチェックをしてみましょう

エアコンが苦手でつけたがらない人や、暑くても電気代がもったいないとつい我慢してしまう人、放っておくと熱中症になってしまうかもしれません。お住まいがどんな状態か、まずは室温・湿度をはかってみることをおすすめします。

こんな時は要注意! 日差しが強い7~8月 11時~17時の間 急に暑くなったとき 気温が高い…28℃以上 湿度が高い…60%以上 気温が低くても湿度が高い…80%以上 快適の目安:部屋の温度は26~28℃、湿度は60%前後に 熱中症セルフチェック 汗をかきにくい方や、空気がこもりがちな部屋では気づかないうちに熱中症になりやすいので、注意が必要です。

まとめ

エアコンが苦手でつけたがらない人や、暑くても電気代がもったいないとつい我慢してしまう人、放っておくと熱中症になってしまうかもしれません。お住まいがどんな状態か、まずは室温・湿度をはかってみることをおすすめします。室内でも熱中症の危険があることを忘れないようにしましょう。

手軽に解決!オススメリフォームのご紹介