PATTOリクシル マド本舗

店舗を探す

玄関や部屋がムシムシ&じめじめ
熱がこもる原因は?

ただでさえ靴のニオイが気になりがちな玄関は、湿気もこもりやすく、蒸し暑さが際立ちます。風を入れたくても、ドアを開けたままにするのは、防犯面や虫が入ってきてしまうことからもおすすめできません。
また、日当たりの良いダイニングキッチンは、夏にはエアコンが効きづらいなどのお悩みも。冷房をかけているのに「暑い」のは、窓や壁を通して外の熱が伝わってきたり、強い西日が長時間差し込んだりするためです。また、風の通り道が確保できていないと換気がうまくいきません。

涼しく感じるには室温と湿度のバランスが大事

イメージ画像 夏と冬の太陽光が入る角度(西側の窓) 夏の西日は、低い高度で長時間日射があるため、家具の日焼けや輻射熱などの影響があります。また、長い時間日差しが当たることで外壁が温められ、室温が上昇します。 イメージ画像 風には「入口」と「出口」が必要です! 入口があっても、出口がなければ風は室内には入ってきません。風の流れを理解し、間仕切り壁や建具などの工夫が必要です。

夏の日差しや西日は、室内に入ってくる前にしっかり室外で遮ることがポイント。断熱性が低い住まいのままだと、暑い熱が窓から入り込み、また壁や床が熱を吸収してしまい夜になっても熱を出し続けてしまいます。また2カ所以上の異なる壁面の窓(北側の壁+南側の壁など)を開けることで、風が流れます。採風機能を持つドアや網戸などを上手に組み合わせれば、家の中に「風の通り道」ができ、さらに省エネで快適な住まいが実現します。人の肌が感じる温度の感覚を表した体感温度は、室温(気温)だけで決まるものではなく、気流や湿度も大きく影響しています。そのため、同じ気温でも風があるかないかで、感じる涼しさが変わってきます。

ムシムシ&じめじめを解決するには、
暑さをしっかり遮る&風を採り込むことが大切です。

ムシムシ&じめじめがなくなるとどうなるの?

熱の出入りを減らす断熱リフォームや、空間の使い方を見直すことによって、室内の温度を快適に保つことができます。風通しを良くし空気を循環させれば、お料理のニオイや結露の原因となる湿気がこもることもありません。

Before サウナのように暑いキッチン 冷房をかけても熱気の抜けないダイニング After 内窓で断熱、高機能壁材でニオイと湿気の問題も解決 採風ドアで新鮮な風を、いつも玄関に Before 玄関が蒸し暑くてニオイも気になる 風を通したいけど、防犯上ドアを開けっ放しにできない After 内窓で断熱、高機能壁材でニオイと湿気の問題も解決 採風ドアで新鮮な風を、いつも玄関に

まとめ

防犯性の高い採風ドアなら、安全に、爽やかな空気を採り込むことができます。調湿機能を備えたタイルを使用すれば、さらに湿気やニオイを抑えることも可能です。また、開口部の断熱によって玄関の温度を上げないこともポイントのひとつです。住まいの立地を考え、自然な採風計画を立ててみましょう。

手軽に解決!オススメリフォームのご紹介