PATTOリクシル マド本舗

店舗を探す

トイレや浴室に潜む段差よりも
怖い冬の「部屋間の温度差」

冬の寒い日、暖かい暖房の効いたリビングからトイレに立った時や、明け方や夜中にふと目覚めてトイレに立った時に、身震いするほどの冷えを感じることはないでしょうか。また、お風呂に入るのに脱衣所で洋服を脱いだ時、寒い浴室に入った時に、寒さのあまり、急いで熱い浴槽に浸かってしまう…そんなことはありませんか?その状態、体には非常に危険なことだとご存知でしょうか。
リビングや布団の中、トイレとの温度差や、お風呂に入る前の寒さと入浴中の体温変化は、実は体にとても負担をかけています。これは室温の急激な変化が原因で血圧が変動し、健康被害を起こすと言われるヒートショックになる危険性が大きいからです。高齢者の場合、ヒートショックが原因で冬場トイレや浴室で亡くなる方も少なくありません。
冬場のトイレは5~8℃まで下がり、寝具内(28~33℃)と比べると20℃以上もの差があります。冬の朝、寝具から出てトイレに行くまでの温度差が体に大きな負担をかけ、ヒートショックを引き起こします。浴室ばかりがクローズアップされがちですが、実は浴室についでヒートショックが起きている場所がトイレなのです。

ヒートショックのイメージ画像

忘れてはいけないトイレや洗面室、バスルームの断熱

トイレは日中もあまり日が当たらない場合が多いため、開口部だけでなく、壁や床も含めたトータルな断熱や、トイレ暖房が効果的です。併せて、トイレまで移動する際の温度差を見直しましょう。
また、お風呂に入るために洗面室や浴室の温度変化に注意しましょう。断熱性を高めることで、ヒートショックのリスクを軽減することができます。さらに湿気の多い洗面室や浴室で発生しやすい結露は、掃除が大変なだけでなく、カビも生えやすくなります。カビは放っておくとダニなどの温床となり、アレルギーや免疫低下などの健康被害につながります。換気乾燥暖房機などを活用し、結露や湿気を抑え、カビを防ぎましょう。

動画で見ると一目瞭然。熱の伝わり方をチェック

温度シミュレーション動画

浴室

健康快適

Before 窓から暖気が流出するのでとにかく寒い 朝方のトイレは冷え切っていて体に負担 After 断熱型ガラスに変更し、暖気の流出をストップ 壁、床にも断熱材をプラス Before 寒い洗面室での脱衣がつらい お風呂に入っても洗い場が寒くて体が温まらない After 洗面室と浴室に内窓を設置して断熱材をアップ 入浴前に暖房できる換気乾燥暖房機を設置

まとめ

部屋間の温度差は、急激な温度変化で血圧や脈拍が上がることで体に大きな負担がかかることを認識しておきましょう。ヒートショックのリスクを軽減するために、トイレや洗面室、バスルームでの断熱対策はとても大切です。

手軽に解決!オススメリフォームのご紹介