PATTOリクシル マド本舗

店舗を探す

初めての方へ
よくわかる窓リフォーム
(マンション編)

マンションの窓も性能アップ!

マンションの場合、窓や玄関ドアは「共用部分」にあたるため、リフォームする際には原則、管理組合の決議が必要となります。しかし、内窓の設置は「専有部分」にあたる室内側に施工するため、個人でのリフォームが可能です。

※築年数を経たマンションでは、壁を壊さない「カバー工法」による改修を承認する管理組合も増えています。リフォームの可否については、お住まいのマンションの管理組合などにご確認ください。

マンションの内窓リフォームのイメージ写真

内窓は、今ある窓や壁を傷つけないのでマンションでもおすすめです。

イメージ画像 今ある窓←内窓

内窓を取付けることで、今ある窓との間に空気層が生まれます。これが壁の役割となり、断熱効果や防音効果を生み出します。

内窓で、お困りの「結露」が軽減!

マンションは一般住宅に比べて気密性が高いため、冬場に結露が発生しやすい環境です。特に北側の部屋では、結露の発生しやすい状況になっています。結露対策には、内窓を取り付けるリフォームが効果的です。外気に面した窓の内側に空気層をつくることで断熱効果をアップ。冷えたガラスが室内の暖気に触れるのを防いでくれます。

マンションの内窓リフォームBefore Afterの写真

こんな場合の解決策

窓枠の寸法が足りなくて取り付けられない?
窓枠の取付寸法が不足する場合や、既存窓のクレセントが干渉する場合は「ふかし枠」を利用すれば内窓の取り付けが可能になります。既存窓と内窓の隙間を大きくとることによって、防音効果や断熱性能を、より高めることができます。
イメージ画像 ふかし枠

網戸だって機能アップできるんです!

網戸は、雨風が直接当たるところ。いつの間にかホコリや汚れがたまり、ふとした拍子に洗濯物を汚してしまった……そんな経験はありませんか?汚れた網戸は、風通しはもちろん、眺望や採光にも悪影響を及ぼします。また、開閉を繰り返すうちに動きが悪くなります。取付から10年以上経っていれば、そろそろ交換を検討しましょう。

こんな場合の解決策

  • 綺麗なお庭も網戸ごしだとよく見えない…
    イメージ画像
    視界もクリアで風通しの良い網戸に。
  • 網戸をしているのに虫が入ってきてしまう…
    イメージ画像
    虫がとどまりにくい網戸に。
  • ペットが引っ掻いてすぐに穴が開いてしまう…
    イメージ画像
    引っ掻いても、丈夫な網戸に。

おすすめの商品